埼玉県の看護学校を探す上では大学か専門学校を検討する

埼玉県には他県と比較しても多くの学校が存在します

埼玉県でも慢性的な医師不足や看護師不足の問題が起きています埼玉県には他県と比較しても多くの学校が存在します面接などではなぜ看護師を目指したのか動機を大切にすることが多い

しかしコロナ禍の影響で過酷な現場になっている現実もあり、様々な患者さんの看護を行うことは難しいのも事実です。
コロナ禍の中では、ますます神経をすり減らす思いになってしまうのが看護師の仕事になるかもしれません。
従って待遇面の向上が図られても、結局は現場の過酷な実情についていけずに辞めてしまうことも多くなっています。
それと現在は看護師向けの求人サイトも充実しているため、少しでも働きやすく待遇面にも優れた医療機関に転職しがちです。
医療機関の現場が過酷だったり、待遇などが悪かったりなどの場合、人材の流出は避けては通ることができず、場合によっては十分な医療を施すことができない医療機関も目立っています。
このように慢性的な看護師が不足気味の現場に対して、人材の供給ができる看護学校は重要な位置づけになります。
看護師になるためには、必ず看護学校に通う必要がありますが、埼玉県には他県と比較しても多くの学校が存在します。
その内訳では四年大学・短期大学を卒業してなるケース、専門学校を卒業することでなるケースの二つに分けることが可能です。
県内で看護学科が存在する大学・短期大学は埼玉県立大・埼玉医大・目白大・東都大・西武文理大などがあります。
公立と私立に分けることができますが、ほとんどは私立大に看護学科を見ることが多くなります。
公立の場合の看護学科は私立よりもレベルも高く、その理由は学費が割安な点があるからです。
公立に通うのは偏差値も高めになりますので、高倍率となり難関になると考えた方が良いです。
県内でトップクラスが自衛官待遇の防衛医大であり、非常勤の国家公務員待遇であり手当を支給されながら学校に通うことになります。

実家 東北
看護学校 埼玉(都心から3時間くらい.大学病院の付属の学校だから都内に就職した友達いない)
職場 (病棟の同期で残ってる子みんな男子 女二人やめた) そもそも仕事休んでお家にいるのに職場の人とは会いずらい😩

こう考えるとまじで会えるお友達いないな😭都内にお友達ほちいよお

— みぃ®@0m🐘←42w1d (@nyan714fu) August 21, 2020